アコム審査ナビ

15万円請求されアコムへ申込みへ

私は30代男性、技術職をやっております。
エンジニアといえば聞こえは良いのですが、小さな会社の開発分野に配属されており、毎月安い給料で働いています。
しかし安月給ではありますが、職場は定時になったらすぐに帰れますし残業も殆どないので、家族と会う時間や趣味の釣りに没頭できるので、満足はしています。
毎月の生活はかなり厳しいですが、やりくり上手の妻がなんとか切り盛りしてくれているので助かっています。3歳になる小さい子供もいますし、幸せを感じています。
しかし先日、急なお金が必要になってしまいました。
妻が自転車で転倒して、車にキズをつけてしまったのです。
私は妻から電話が入ると仕事を早退して急いで事故現場まで向かいました。
するとセルシオに乗った若い男性2人がこちらを睨みつけました。
どうみても普通の人ではありません。
そして、修理代と慰謝料で15万かかると言われました。
自転車でつけたキズはほんの少しなんですが、彼らの車にキズをつけたことには間違いありません。
生憎私達の生活はギリギリで貯金はありませんでした。
このとき私はカードローンを申し込むことを決意したのです。

審査が通り、15万借入しました。

私はその男達と連絡先を交換して、お金を用意するから待っていてもらうことにしました。
こういう男達には逆らっても仕方ありません。
さっさと払うものを払って縁を切るのが1番良いと考えました。
私はアコムへ行くとすぐ申込みを済ませ、審査を待ちました。
審査には数日かかることもあるそうなのですが、私の場合は数時間で審査が通ったという連絡が来ました。
なので、その日のうちにアコムへ行って15万円とオマケの3万円、合わせて18万円を借入しました。
そしてセルシオのオーナーに電話をして会いに行き、まず15万円を手渡ししました。
そして、お金を受け取ったという念書にサインをしてもらい、後の3万円を渡しました。
そして、この3万円を渡す代わりにもう一切の連絡はしてこないでくれ、という約束をしました。
私の気迫に向こうの男性も少し引いていましたが、男の約束だ、と理解してくれたようです。
こうして災難は過ぎました。
借入した15万円は仕事後にアルバイトをして少しずつ返済して行くことにしました。
そして、妻には自転車の扱いに十分注意するように念を押しました。
今は滞りなく、順調に返済できていますよ。

Copyright© アコム審査ナビ All Rights Reserved.